ダイエットには置き換えとルイボスティーで水分代謝をUP!

ダイエット法の一つに置き換えダイエットがあります。これは一日のうちに1食から2食をドリンクに置き換えて一日に総カロリーを抑える事で痩せるという方法です。このダイエットは続ける事でドンドン効果が表れてくるのですが、まずは無理のない一日1食から置き換えてくると良いでしょう。この置き換える時間によっても朝食よりも夕食の時に実行した方が効果が表れやすいです。それは夜は日中に比べてカロリーを消費しません。その為、余計にカロリーを取ってしまうとその分が脂肪となって体に蓄えられていきます。その為に夕食のカロリーは出来るだけ抑える事で体に余計な脂肪の残さない事で体重が減少していくのです。その為に朝食よりも夕食の方が効果的となりますが、まずは続ける事が大切なので自分がやりやすい時間帯で行うと良いでしょう。この間の普通の食事はあまりカロリーの高いのは避けてバランスのとれた和食を心掛けると良いでしょう。

そして、この食事制限と一緒に運動も行うようにしましょう。どうしても摂取カロリーが少なくなると代謝が落ちてしまい、少ないカロリーに体が慣れてしまうのです。そうなると今度はダイエットが終わって普通の食事に戻した時にリバウンドしてしまい、体重がダイエット前よりも増えてしまうという結果になってしまうのです。そのリバウンドを防ぐ為にも運動をして適度な筋肉を付ける事が大切なのです。この筋肉を付けるという事で基礎代謝が上がります。筋肉を保つ為にもカロリーというのは消費されていくのです。これにより食べても太らない体質へと体質改善していく事が大切なのです。置き換えダイエットは1食だとダイエットの大敵とも言える空腹を感じる事なく行えるので長く続ける事が出来るのです。もし空腹を感じたら、酵素ドリンクなどをヨーグルトに割って食べると腸内環境も整えられて、ダイエット中に起こりがちな便秘にも効果的です。この酵素ドリンクはダイエットだけではなく、美肌効果も期待出来るのです。
日本人はお茶が大好きです。

私達は日本茶に限らず、様々なお茶を入手する事が出来ます。

特に、ダイエットにいいと言われているお茶はたくさんあって迷ってしまいます。

ダイエットを始める前に、自分の太り方について考えてみる事が大切です。

脂っこいものや、甘いもの、ジャンクフードが好きで、間食も欠かさないのであれば、

脂肪が蓄積している可能性が高いでしょう。

ですが、食事も和食中心、間食だってそんなにしないし、

どうして太るのだろうとお悩みの方もいるのではないでしょうか?

そういう時は、もしかすると水分代謝が悪くなっていて、水太りをしてしまっているかもしれません。

体に取り込む水分よりも、排出する水分が少なければ、残った水は体に蓄積されていきます。

そこに塩分を摂りすぎてしまうと、さらに水分はからだに取り込まれていくのです。

■ルイボスティはむくみの改善にピッタリのお茶

そんな時は、ルイボスティーがおすすめです。

ルイボスティーは南アフリカ原産の針葉樹の葉で、古くは薬草として使われていました。

たくさんの自然のミネラル成分が入っている美容と健康にいいお茶で有名です。

むくみの解消には、カリウムが有効です。

体に取り込み過ぎた塩分とともに、老廃物をからだの外へ排出する効果があります。

ルイボスティーにはカリウムも豊富に含まれています。

利尿作用があるのでむくみに効きますし、カフェインが入っていませんので、

妊婦さんでも安心して飲む事ができますし、量も気にしなくて大丈夫です。

味も癖がなく、飲みやすいので、食事や間食のお供にも最適です。

アルコールを分解する能力も高いので、二日酔い予防にもいいですね。

また、老化や病気の原因にもなる酸化を抑える抗酸化作用があるので、

ダイエットのみならず、健康にもいいすごい飲み物なのです。

冬はあたたかいルイボスティに、ゆずやオレンジなど、

果物をいれて飲むとお洒落でおいしいお茶に大変身です。

努力をしてもなかなか痩せないでお困りなら、ルイボスティーで水分代謝をアップさせてみてはいかがですか?

詳しくはダイエットのお茶サイトをごらんください。